夜行性の小動物に日光浴をさせるには?ガラス越しの日光で良いの?直射日光じゃなきゃだめ?


広告


小動物の中には自分の体でビタミンD3などを生成できない動物がいます。そういう子に対して日光浴は意味があり、病気を未然に防ぐ効果があります。さてここで一つ疑問。夜行性の動物に日光浴をさせるには?
私はフクロモモンガを飼っています。夜行性でもあり、また暴れまわるため、なかなか朝にベランダに連れていくことができません。そんな子に対して日光浴をさせるにはどうすればいいだろうと思い調べてみました。

f:id:dianacrest:20190422190216p:plain

ガラス越しの日光浴では効果が薄い?

ここの記事を参考にしました。
gigazine.net

まず日光浴の目的としてビタミンを生成することがあるのですが、ビタミンを生成するためには紫外線を浴びる必要があります。ここで問題なのが、ガラスが紫外線をあまり通さないこと。つまり、朝にカーテンを開けてガラス越しに日光浴させてもあまり効果が得られないということになります。網戸越しだと良さそうですね。ちょっと我が家でも検討してみます。

無理に日光浴させるのも大変?

そもそも夜行性の動物は直射日光を避ける生態だと思われます。我が家で飼っているフクロモモンガも直射日光を当てすぎると目を悪くすると聞いています。朝の元気なときにベランダに連れて行くぐらいは良いのかもしれませんが、昼間にケージをベランダに置くまですると生活リズムが狂ってしまうかもですね。

食品で補うことで十分?

我が家ではリキッドタイプのビタミン剤を飲み水に混ぜています。ひとまずこれで元気に育っているので問題ないのかなと。

f:id:dianacrest:20190422191459j:plain テトラジャパン ウルトラバイト・マルチビタミンリキッド120 (ペット用品)

紫外線ライトで補える?

私が調べた限りではフクロモモンガに紫外線ライトの話があまり出てきませんでした。こちらのサイトぐらいかな。
www.gajiroo.net

確かに爬虫類用の紫外線ライトを使うのが良いのかもしれませんね。不要かもしれませんが、無いよりあったほうが良いぐらいだとは思います。
nopet-nolife.com

最後に

今回は自分で飼っているフクロモモンガのために情報を集めてみました。誰かの参考になれば幸いです。たぶん、夜行性の小動物には共通して通じる話題だと思いますので。